添い寝ができるベビーベッド「そいねーるIII」新発売!
子どもを手の届く距離で見守れる

生まれて間もない赤ちゃんには“夜泣きの対応”や“授乳”をする必要があるので、就寝時もなるべく近くで見守っていたいですよね。しかしベビーベッドを使っていると、どうしても距離感を感じてしまうことが…。そんな悩みを解決するために、子ども用家具専門メーカーの株式会社大和屋では画期的なベビーベッド「そいねーるIII」を発売しました。

添い寝ができるベビーベッド「そいねーるIII」新発売! 子どもを手の届く距離で見守れる

今年2月5日に販売が開始された同商品は、ママのベッドや布団に繋げて添い寝ができるベビーベッドです。2015年より改良を重ねながら販売してきた「そいねーる」ですが、大和屋は安全性や現代の住環境、子どもとの寝方を1から再考。“添い寝がもたらす親子のコミュニケーション”を重視し、生活や子育ての多様化に応えた“就寝スタイル”を確立しています。

添い寝ができるベビーベッド「そいねーるIII」新発売! 子どもを手の届く距離で見守れる

同商品は床板の高さを最上段70cmから最下段12cmまで、約3cm刻みで21段階調整が可能。付属の“サポートベルト”でママが使うベッドとしっかり固定できる上に、開閉扉の付け外しもおこなえます。また開閉扉を外した時に発生する“隙間”も、可動式の専用マットレスでカバー。隙間にハマったり落っこちる心配もないので、就寝時や一瞬子どものそばを離れる時も安心ですね。

添い寝ができるベビーベッド「そいねーるIII」新発売! 子どもを手の届く距離で見守れる

添い寝ができるベビーベッド「そいねーるIII」新発売! 子どもを手の届く距離で見守れる

ベビーベッドを設置する際に“スペース”を気にする人も多いかもしれませんが、「そいねーるIII」の床板サイズは奥行きが約45cmで非常にコンパクト。幅は約130cmで通常のベビーベッドよりも長いため、新生児から6才まで使うことができますよ。

添い寝ができるベビーベッド「そいねーるIII」新発売! 子どもを手の届く距離で見守れる

様々なベッドや布団に対応しているだけでなく、嬉しい機能性によって赤ちゃんとの“安全な添い寝”を実現可能にした同商品。いつでも手の届く距離にいられるので、今まで以上に安心感が得られるかもしれません。

添い寝ができるベビーベッド「そいねーるIII」新発売! 子どもを手の届く距離で見守れる

そいねーるIII

商品名:そいねーるIII ベビーベッド
参考価格:33,000円(税込)
サイズ:約幅143×奥行き53.5×高さ109.5cm
床板サイズ:約幅130×奥行き45cm
本体重量:約19kg
対象年齢:新生児~6才(PSC・SG検査に合格。ベビーベッドとしては24か月まで。)
カラー:ナチュラル、ホワイト(2色)
取付可能なベッドサイズ:床からマットレス上部までの高さ70cmまで / フレームのはみ出し2.5cm未満、幅155cmまで
発売日:2021年2月5日(金)
URL:https://www.yamatoya-jp.com/neru/soinel/
主な販売先:直営オンラインショップ、ベビー専門店、家具店、他
商品に関するお問い合わせ先:0120-27-8108(平日9:00~17:00)

東京・神戸発のおしゃれな
ファッションライフスタイル提案メディア「MAU」
最新情報はSNSでチェック!

ページ
トップ