地球にも人にも優しい日用品ブランド「eco store」

「SDGs活動」に取り組む企業も増え、個人でも何かはじめてみたいけれど難しそう、ハードルが高い、自分にできること何かわからない、という人も多いのでは?
まずは「毎日使っている日用品を地球に優しいものに変える」事からはじめるのがおすすめです。
今回は、SDGs活動に興味のある人におすすめのおしゃれで地球に優しいブランドをご紹介します。

ニュージーランド発の地球にやさしいブランド「eco store」

地球にも人にも優しい日用品ブランド「eco store」

「eco store」は地球にも人にも優しいニュージーランド発の日用品ブランド。
植物&鉱物由来の優しい成分を使用しているので赤ちゃんの肌着などのお洗濯にも安心して使用できます。
また、成分の調達から、製造、梱包に至るまでのプロセスも、地球にやさしい手順を踏んで作るなど、地球に優しいというスローガンを掲げて実践しているブランドです。

梱包材も地球に優しい

地球にも人にも優しい日用品ブランド「eco store」

eco storeの商品の梱包材はリサイクル素材とリサイクル可能素材を使用したり、二酸化炭素排出量の削減に寄与する100%リサイクル可能なサトウキビ由来のプラスチック容器「カーボンキャプチャーパック」を採用するなど地球にできる限り負担をかけないよう考えられています。

リフィルステーションで量り売りを実施

地球にも人にも優しい日用品ブランド「eco store」

写真のボトルをよく見るとパッケージに傷があり使用感があるのですが、実はこのボトルは何度も「リフィル」して使っています。
eco storeは詰め替えではなく量り売り(リフィル)を推奨しており、直接ボトルにリフィルすることでごみの軽減を可能にしています。
リフィルステーションは直営店だけではなくナチュラルローソンやバラエティショップなどにも設置し、2021年4月現在、洗濯洗剤・柔軟剤・おしゃれ着洗い・食器用洗剤・バスルームクリーナーの量り売りを行っています。(店舗によって取り扱っているラインナップが異なるので注意)
容器はeco storeのものでなくても量り売りは可能なので、まずは量り売りで使用感を試してみるのもおすすめです。
リフィルステーションはeco storeのホームページでも紹介されています。

地球にも人にも優しい「eco store」。
日用品を地球に優しいものに変えることは簡単に誰でもできる「SDGs活動」です。
そして何より大切な家族にも優しい日用品ブランドです。

東京・神戸発のおしゃれな
ファッションライフスタイル提案メディア「MAU」
最新情報はSNSでチェック!

ページ
トップ