7月のイベントと言えば七夕☆
家族みんなで『おうち七夕』を楽しもう!

夏の訪れと共にやってくる、七夕。笹の葉に飾り付けをしたり、短冊に願いを書いたりと、お子さまと楽しめるイベントのひとつです。

☆七夕ってなあに?

七夕の由来を知っていますか?七夕は「笹の節句」と呼ばれ、桃の節句や端午の節句など1年の大切な節目を表す行事を示す「五節句」の中の1つです。
七夕と言えば、織姫と彦星が一年に一度会うことができる日。これは有名な中国の乞巧奠(きこうでん)という風習と、日本の裁縫や書道など手習い事の上達を願う「たなばたつ め」という風習が合わさったものだと言われています。
ではなぜ短冊に願いを書き、笹に一緒に飾るのでしょうか?

現在はさまざまな願い事を書く短冊ですが、昔は手習い事の上達を願う風習だったため、「字がきれいになりますように」という願いを込めながら短冊を書き、丈夫で不思議な力を持つ神聖な笹につるしていました。
それが現代まで受け継がれて 「 七夕 」 という行事になっています。

短冊に願いを書こう!

短冊には、青・赤・黄・ 白・黒の5色が主に使われます。中国の陰陽五行説に由来していて、それぞれの色に以下のような意味を持たせることで、魔除けになると伝えられてきました。
□短冊の色が持つ意味
青…人間力を高める、周囲への感謝 赤…家族への感謝を示す
黄…友達を大切にする、信頼、人間関係の向上 白…決まりを守る 黒…学力向上
これら5色の意味について考えながら作ってみるのも、楽しみ方のひとつですね。
飾りつけする笹はお花屋さんや通販でも販売しています。

七夕のごちそうを作ってみよう

七夕に天の川に似た「そうめん」を食べると1年健康に過ごせると言われています。お星さまをかたどったゼリ―などデザートはお子さまにも大人気です。七夕の日は七夕にちなんだ料理を食べて楽しみましょう。

空を眺めてみる

七夕 の夜は家族で空を見上げててみませんか。
実際に星空を見上げれば、子ども達も 七夕 だけでなく、星や宇宙に興味を持つきっかけになるかもしれません。

他にも歌を歌ったり、絵本を読んだりすることで
子ども達の興味、関心を大切にしながら 七夕 を楽しめるといいですね。

東京・神戸発のおしゃれな
ファッションライフスタイル提案メディア「MAU」
最新情報はSNSでチェック!

ページ
トップ