期間限定コンセプトストア「ラルフ ローレン 銀座」
2021年7月2日(金)グランドオープン!

期間限定コンセプトストア「ラルフ ローレン 銀座」 2021年7月2日(金)グランドオープン!

ラルフ ローレンは2021年7月2日(金)、日本を代表する目抜き通り、銀座中央通りに期間限定のコンセプトストア「ラルフ ローレン 銀座」をオープンいたします。
日本の伝統と最先端のトレンドが混ざり合う銀座の中央通りに位置する2階建ての新コンセプトストアは、現代的なロケーションに合わせたシンプルで洗練されたインテリアでありながら、これまでラルフ ローレンが世に生み出し、発信し続けてきたブランドのアイデンティティや世界観の粋を集め、ブランドのルーツや歴史を感じることのできる空間となっています。

期間限定コンセプトストア「ラルフ ローレン 銀座」 2021年7月2日(金)グランドオープン!

【ポロ ラルフ ローレンのCYOについて】

ラルフ ローレン 銀座には、世界に⼀つだけのオリジナルアイテムをカスタマイズすることができるオンデマンドカスタマイズサービス「CYOカスタムショップ」も常設され、本ストアでのみ展開する銀座限定デザインプリントも登場いたします。
先日行われたオープニングセレモニーでは⼟屋 太鳳さんもCYOカスタマイズサービスを体験。太鳳さんが CYO のベースとして使⽤したデニムトラッカージャケットは、ラルフ ローレン 銀座限定。アメリカ産コットンで作られた ポロ ラルフ ローレンのアイコニックなジャケットは、ライトウエイトツイルで織り上げ、オーセンティックなデニムの特徴を引き出した、まさにラルフ ローレンの魅力を凝縮した⼀着です。
普遍的デザインで、Denim Trucker の完成形といえるモデルであり、ジーンズの存在意義がワークウエアからファッションアイテムへと少しずつ変化していった1960 年代に登場したいわゆる、3rd Model をさらに進化させ、スリムになったスタイルが魅力です。最⼤の特徴は、プリーツではなく前身頃の V 字状の切り替えによって立体感を生み出して、フラップポケットと連動したフロントデザイン。
デニムトラッカージャケットは本体価格 33,000 円(税抜き)、別途 CYO プリント加工代金として 6,000 円(CYO サービスでデニムジャケットにプリントができるのは銀座店のみとなります)

世界初の情報発信ステーション “RL NEWS STATION”

世界でも類を⾒ない、まったく新しいかたちの情報発信ステーションが誕生。「ラルフ ローレン 銀座」に設置される特設エリアから、毎月様々な映像コンテンツをオンライン上で配信していきます。ラルフ ローレンと共に歩んできた様々なアスリートやアーティスト、セレブリティをゲストとして迎え、ここでしか⾒ることのできないスペシャルムービーを順次公開予定です。

期間限定コンセプトストア「ラルフ ローレン 銀座」 2021年7月2日(金)グランドオープン!

店舗概要: ラルフ ローレン 銀座
https://www.ralphlauren.co.jp/contents/stores/ginza/

東京・神戸発のおしゃれな
ファッションライフスタイル提案メディア「MAU」
最新情報はSNSでチェック!

ページ
トップ