もしもの備えを身近に。お部屋にフィットする防災インテリア『SONAIR(ソナエア)』

もしもの備えを身近に。お部屋にフィットする防災インテリア『SONAIR(ソナエア)』

近年、台風による浸水被害や地震などによる被災など様々な災害に直面しています。
都市部の大規模災害による施設への受け入れキャパシティーの問題や、コロナ禍の影響もあり、「在宅避難」が推進され、ますます「自分たちで有事に備える」ことの重要性が高まっています。また、日本国内で発生する災害の70%を水害が占め、特に夏場の発生が多い災害への対策の一つとして、発泡プラスチックの持つ保冷性や浮力といった機能が生かせる製品ができないかと考えました。私たちは「いつかのための、いつも」をテーマに、お部屋のインテリアの一部として普段使いをしながら、有事の際に様々な機能で役に立つ防災インテリアという観点から、「SONAIR(ソナエア)」の開発に至りました。

もしもの備えを身近に。お部屋にフィットする防災インテリア『SONAIR(ソナエア)』

「SONAIR(ソナエア)」の特長

1. お部屋にフィットする防災インテリア

普段使わない防災用品はつい押入れの奥にしまいがちです。「SONAIR(ソナエア)」はお部屋やキッチン、玄関などインテリアの一部として普段使いができる外観デザインを目指しました。

もしもの備えを身近に。お部屋にフィットする防災インテリア『SONAIR(ソナエア)』

2. いざという時のための保冷機能

発泡プラスチックは成型時に空気で膨らませるため、断熱性に優れた素材です。有事の際には傷みやすい食材などを一時的に避難させるクーラーボックスとして使用することができます。また、普段でも簡易冷蔵庫やアウトドアでも活用できる機能です。

もしもの備えを身近に。お部屋にフィットする防災インテリア『SONAIR(ソナエア)』

3. いざという時のためのフロート機能

発泡プラスチックは空気で膨らませるため、水に浮く特性を持っています。その浮力を生かし、海洋フロートなどでも使われる素材です。水害による浸水では人やモノが流されるだけでなく、備えていたものが水没し使えなくなったり、マンションなどでも1階が浸水することにより孤立してしまったり様々なシーンが想定されます。そんな時に一助となるフロート機能を持っています。

もしもの備えを身近に。お部屋にフィットする防災インテリア『SONAIR(ソナエア)』

4. 超軽量

製品重量は約873g (※パーツ、ベルト含む)
こどもでも簡単に持ち運ぶことができます。

もしもの備えを身近に。お部屋にフィットする防災インテリア『SONAIR(ソナエア)』

5. 3WAY仕様

取り外しの可能なトレーが付属しており、フル、上下、左右に仕切り用途に合わせたスペース活用が可能です。

もしもの備えを身近に。お部屋にフィットする防災インテリア『SONAIR(ソナエア)』

「SONAIR(ソナエア)」
https://www.makuake.com/project/ishiyamapack/

株式会社石山
https://ishiyamapack.co.jp/

東京・神戸発のおしゃれな
ファッションライフスタイル提案メディア「MAU」
最新情報はSNSでチェック!

ページ
トップ