土屋鞄、牛革のマルチケースを作る「夏のワークショップ」開催! 専用道具を用意し、革に精通したスタッフがレクチャー。少人数制「職人体験」 六本木・自由が丘・鎌倉・京都・福岡の5店で約30日実施

革製品の鞄や小物を製造販売する老舗、土屋鞄製造所は、高品質な本牛革のマルチケースを専用の道具で手作りするワークショップを、大人向け鞄を取り扱う「土屋鞄製造所」5店舗(六本木・自由が丘・鎌倉・京都・福岡)で、合計29日間、294回開催します。参加費は3,300円(税込)で、対象は小学生(6歳)以上(保護者同伴)ですので、対象のお子様と一緒にワークショップを楽しめます!
2015年から実施している当社の人気企画で、今年は各回2~4人まで(店舗によって異なります)の少人数制で行うなど、コロナ対策をした上で開催します。

革を折り曲げ、金具を取り付け、手縫いする「職人体験」

ワークショップでは、「ヌメ革」で仕立てるマルチケースを製作。
カットした1枚の革のパーツに、道具を使ってホックをつけたり、針と糸を使ってステッチをあしらうなど、レザークラフトの基本的な工程を体験できます。
店舗スタッフ様より、素材の特徴などを丁寧に解説しながらサポートもあるので、初めてレザークラフトを体験する方も安心してご参加いただけます。
また、ブラッシングやオイルケアなど基本的な革のお手入れ方法のレクチャーなどもあり、製作した革製品の経年変化を楽しみながら、長くお使いいただけるように、さらに、トンカチや打ち台、糸切りバサミなど当社の職人が日頃使用している道具と同じものを一式ご用意があるので安心。

土屋鞄、牛革のマルチケースを作る「夏のワークショップ」開催! 専用道具を用意し、革に精通したスタッフがレクチャー。少人数制「職人体験」 六本木・自由が丘・鎌倉・京都・福岡の5店で約30日実施

ワークショップ限定のデザイン、イヤホンなど小物の収納にも最適

製作する「マルチケース」は、職人とデザイナーが、今回のために考案したワークショップ限定のオリジナルデザインです。フタ付きで、シンプルで上品な佇まいが特徴です。サイズは縦10cm、横7.2cm、厚み3cmです。実用性も兼ね備えており、名刺なら最大で約40枚整理できます。また、イヤホンやリップクリームといった小物を入れるのにも適していますね。
カラーは、本体の革にはオンオフ使えて飽きのこない「キャメル」と「ブルー」の2色を、縫い糸はどの革とも相性の良い「ブラウン」「ベージュ」「こげ茶」の3色を用意し、計6パターンから選べます。
素材は、「ヌメ革」を使用。革のナチュラルな風合いを楽しめる素材で、使うほどに柔らかくなじみ、色つやも出てきます。

土屋鞄、牛革のマルチケースを作る「夏のワークショップ」開催! 専用道具を用意し、革に精通したスタッフがレクチャー。少人数制「職人体験」 六本木・自由が丘・鎌倉・京都・福岡の5店で約30日実施

今回のワークショップ限定のデザイン

“密”を避ける少人数制の「ミニワークショップ」

開催は、1都1府2県(東京・京都・神奈川・福岡)の「土屋鞄製造所」5店で行います。実施日は、六本木店・自由が丘店・鎌倉店が7月16日(金)~8月29日(日)の金土日・祝日の計23日で、京都店・福岡店が8月6日(金)~9月12日(日)の金土日・祝日の計19日です。事前予約制で、受付は全店7月1日(木)12:00から開始します。
今年は“密”を避けるため、各回最大4人の少人数で開催します。各日11:30~1時間ごとの7部制で、1回の開催時間は40分程度です。
本ワークショップは2015年以来、毎年夏に行っており(昨年はオンラインで実施)、今年で7回目です。今回は、少人数制にするほか、レザークラフトのキットは、革製品に使える自社製品の抗菌・抗ウイルススプレーをかけてから参加者にお配りするなど、コロナ対策をしながら実施します。

土屋鞄、牛革のマルチケースを作る「夏のワークショップ」開催! 専用道具を用意し、革に精通したスタッフがレクチャー。少人数制「職人体験」 六本木・自由が丘・鎌倉・京都・福岡の5店で約30日実施

今回のワークショップで製作する、牛革のマルチケース。革と縫い糸の色を選べます(写真左)
実用性も兼ね備えており、名刺なら最大で約40枚整理可能

土屋鞄製造所 ~夏のワークショップ~

ワークショップ詳細・参加予約はこちら
http://bit.ly/tsuchiya-workshop2021

東京・神戸発のおしゃれな
ファッションライフスタイル提案メディア「MAU」
最新情報はSNSでチェック!

ページ
トップ