衣装のケアってちゃんとできてる?5つの衣類ケア術

assorted-color clothes lot

好きな洋服を手に入れたら、それをできるだけ長持ちさせたいものですよね。せっかく良い洋服でも、早く傷んでしまったら、それほど残念なことはありません。

そこで今回は、シワやニオイ、毛玉ケア、カビ予防、クリーニングの頻度など、衣類ケアをご紹介します。

ちょっとした工夫でできちゃう衣類ケア術

1:シワのケア

green clothes hanger

忙しい朝は、あらかじめ前日にコーデを決めて、夜のうちに衣類スチーマーをかけるようにします。手軽にシワが取れる衣類スチーマーといえども、焦って動かしてもなかなかシワがとれにくいもの。何度も手を動かすのではなく、一度でシワを取る気持ちでゆっくり滑らせることがポイントです。

頑固なシワは、あらかじめスプレーで軽く湿らせた状態からかけるとうまくいきます。

また、衣類スチーマーに入れる追加用の水は、あらかじめペットボトルに入れて衣類スチーマーと一緒にクローゼットのそばに常備。水を入れるために、わざわざ水道まで行かなくてもいいようにセットしておくと心理的ハードルが下がります。

 

2:ニオイのケア

women's four assorted apparel hanged on clothes rack

クローゼットには手づくりのスプレーを常備します。柔軟剤を水で薄めてスプレーボトルに入れたもので、帰宅後、匂いが気になる服や、シワが気になった場合にハンガーにかけ形を整えてから、表面が軽く濡れる程度にスプレーしています。

ハンガーに吊るし、水分を含んだことで、乾くころにはシワも伸びて匂いも気にならなくなっています。行う場合は、完全に乾いてからクローゼットに戻すように心がけてください。

 

3:毛玉のケア

person holding knitted textiles

ハイゲージニットなど、デリケートな素材についた毛玉は、『電動毛玉クリーナー』を使用しますが、ざっくりニットや毛足の長いニットなど、一般的なクリーナーでは取りきれない毛玉には、『ブラシ型毛玉取り』を使用します。

毛玉を予防する方法としては、ブラッシングしたままでは生地の表面が刺激された状態なので、さらに馬毛などのやわらかいブラシで表面を撫でるようにブラッシングすること。この二度のブラッシングで毛玉ができにくくなります。

ブラッシングには埃などをはらうだけでなく繊維を整える効果もありますので、大切に着たい服にはこまめなブラッシングをおすすめします。

 

4:カビの予防

gray dress shirt hang on brown wooden rack in front of window with white curtain

カビ予防は、なんといっても通気性に気をつけること。帰宅後、脱いだばかりの服をすぐにクローゼットに戻さず、すぐにクリーニングに出さない仕事用の服にはさっとブラシをかけて、一時的にラックにかけてクールダウンする時間を設けるようにしています。そして就寝前にクローゼットへ戻すくらいがちょうどいいようです。

お手入れが楽なプライベートの服は、こまめな洗濯を心がけています。外出時にはクローゼットの扉を開け放ったままにしておくと、湿気がこもりやすいクローゼットに空気の流れができて効果的です。

 

5:クリーニング

hanged assorted-color dress shirts

汚れは付着してから時間が経つほど落ちにくくなるといわれています。仕事用の服で、目に見える汚れがついてしまった場合はすぐにクリーニングに出したいものです。明らかな汚れが見えない場合でも、肌に直接触れる部分は皮脂によって変色しがちなので、汗ばむ季節は月に一度は出したほうがいいでしょう。

とはいえ日々のケア次第ではその限りではありません。私自身、ピンポイントに付いた汚れは、市販の染み抜きを使って大まかな汚れを落としています。皮脂汚れには衣類スチーマーを当てて乾いた布で拭き取る。こうしたこまめなお手入れでクリーニングに出す頻度を抑えることが可能です。

 

これらのこまめな日常のケアが大切な衣類を長持ちさせるポイント。ぜひ参考にしてみてくださいね!

育児世代に贈る東京・神戸発
ファッションライフスタイル提案メディア「MAU」
雑誌&ウェブメディアリリース!
最新情報はSNSでチェック!

ページ
トップ